野沢温泉スキー場

TOP > スキースクール > スキークラブの歴史

SKI/SNOWBOARD SCHOOLスキースクール

スキークラブの歴史

スキー場の飛躍

次々に学生スキー合宿の誘致に成功したスキー倶楽部では、大正十三年には御犬山スキー場(現在のスキースクール日影本校横)に、翌十四年には日影ス キー場にもシャンツェを建設した。学生達の要請で十四年一月にはスキー倶楽部と法政大学スキー山岳部の主催で、野沢温泉第一回スキー競技大会が開催され た。野沢温泉スキー場での初の大会である。
昭和三年(一九二八)には、日影スキー場に五○メートル級の野沢温泉シャンツェを建設。翌四年二月にはノルウェーのオラフ・ヘルセットの一行が野沢シャン ツェを改造して模範ジャンプを披露、コルテードが四十三メートルを飛んで日本での最高記録をつくった。さらに昭和五年三月に、スキーの神様とも仰がれた オーストリアのハンネス・シュナイダーが訪れ、高速のスキーのアールベルグスキー術の講習と模範滑走を行った。
これら外国の一流選手の指導で、スキー倶楽部メンバーの技術が向上しただけでなく、スキー場としての野沢温泉は大きくグレードアップした。
また、昭和五年の二月には第五回明治神宮体育会スキー競技会が開催され、大会事務局がスキー倶楽部事務所におかれた。この大会で日本では初めてアルペン種 目が採用され、滑降、回転、ジャンプ、距離、リレーの五種目が行われた。このような一流外国選手の招鳴、全国規摸の大会の招致・運営などの表方・裏方もす べてスキー倶楽部である。経験を積むごとにスキー倶楽部は各種の運営に自信をもち、野沢温泉スキー場も一流としての名声を博すようになった。


〒389-2502 長野県下高井郡野沢温泉村8005 TEL 0269-85-2623 FAX 0269-85-3616
メールフォームからのお問い合わせはこちら
  • ふるさと納税 長坂ゴンドラ建設応援
  • ゲレロク GEREROKU
  • ナスキー LINEスタンプ
  • シーズンチケット
  • 野沢温泉スキー場 公式Facebook
  • 野沢温泉スキー場 公式twitter