野沢温泉スキー場

TOP > スキースクール > スキークラブの歴史

SKI/SNOWBOARD SCHOOLスキースクール

スキークラブの歴史

スキークラブ誕生

まだスキーが大衆の間に広がる以前の大正持代末期に、いち早く雪を経済の向上や産業と結び付けて活動を始めた野沢温泉スキー倶楽部・生まれたときか ら雪とは切つても切れない間柄だったとはいえ、スキーを楽しみながら数々の名選手を育て上げ、スキー場を経営し、野沢温泉を宣伝し、野沢温泉村の経済の発 展に寄与してきた。
高度成長持代の到来とともに的確に持代の流れを読み、スキー場の経営を村に委譲して選手育成会や大会開催などのソフト分野でスキー産業の発展を支えてきた スキークラプ。村の近代的発展とともに歩んできたスキークラブは、インタースキー開催やオリンピックの競技会場など大イベントをこなして、今後もさらに大 きく成長しようとしている。

大正十二年(一九二三)十二月八日、野沢温泉スキー倶楽部が創立された。
た。創設に賛同した会員は二十三名。入会金一円、年会費五十銭であった。
倶楽部は「スキーノ普及心身ノ鍛練及当温泉ノ発達ヲ図ル(会則より)を目的とし、技術練習・講習会開催・技術員招聘と派遣・技術研究・スキー場整備・ス キー宣伝などの事業を行う団体だ。 いわばスキーによる村起こしの先駆けである。そのころの冬の野沢温泉といえば近郷近在からの湯治客が来る程度で、大方はあけび細工や紙すきなどの冬仕事。 あとは雪との闘いであった。そんな状況の中で、ようやくそのころ学生の間に普及し始めたスキー客も、ぽつぽつ訪れるようになっていた。スキーが縁で野沢に やって来た藤沢教諭の「雪国文化の開発はスキーに如かず」という奨めもあって、まず自分たちでスキー客を誘致しよう、と立ち上がった。
>正式発足したスキー倶楽部は、早速誘致活動を開始した。大正十三年一月には法政大学スキー山岳部員数人がスキー場の視察に来村、三月には十二名の 学生が初のスキー合宿にやってきた。同じく専修大学、東京商科大学の学生も練習にやってきた。これが野沢温泉スキー場のスタートでもあった。当時、全国に あったスキー場は三十九ヵ所、長野県では飯山と野沢温泉だけ。早々と学生スキーの合宿誘致に成功し、宿泊施設も揃ったスキー場として出発した野沢温泉。そ の牽引車的な役割を果たしたスキー倶楽部の存在が、今日の競技スキーのメッカとしての野沢温泉を方向づけることとなる。


〒389-2502 長野県下高井郡野沢温泉村8005 TEL 0269-85-2623 FAX 0269-85-3616
メールフォームからのお問い合わせはこちら
  • ふるさと納税 長坂ゴンドラ建設応援
  • ゲレロク GEREROKU
  • ナスキー LINEスタンプ
  • シーズンチケット
  • 野沢温泉スキー場 公式Facebook
  • 野沢温泉スキー場 公式twitter