野沢温泉スキー場

TOP > スキースクール > スキークラブの歴史

SKI/SNOWBOARD SCHOOLスキースクール

スキークラブの歴史

多数の名選手を育成

野沢温泉スキークラブが育てた名選手、オリンピック代表選手は数多い。
平成四年(一九九二)アルベールビル・オリンピック複合団体優勝のひとり河野孝典は、スキークラブ所属選手として発の金メダリストとなった。
金メダリストを育てるまでのスキークラブの長い選手育成の歴史の中で、昭和三十五年(一九六○)のスコーバレー、昭和三十九年(一九六四)のインスブルッ ク、昭和四十三年(一九六八)のグルノーブルの三回のオリンピックにクロスカントリーの選手として出場した佐藤和男氏なども、経済的にも補償されたなかで トレーニングができる実業団チームに所属していった。
大きな時代の潮流の中で、村とスキークラブは本格的に選手育成を考えるようになる。その第一歩が、昭和四十一年に野沢温泉中学が札幌オリンピック強化指定 校に選ばれたことだ。それが、四十七年に野沢温泉ジュニアスキークラブ設立につながり、一貫した選手育成の基盤が整った。
さらに、平成二年(一九九○)から始まった村のスキー選手強化育成事業として実を結んだ。野沢温泉スキークラブ所属ということで、選手は練習環境や経済的 な面で全面的に支援を得て競技に全力を傾けることができるようになった。生まれ育った野沢温泉を本拠にして、心おきなく練習に没頭できることで、河野孝典 をはじめ富井剛志・森敏・高沢公治の各選手など世界で活躍する選手が誕生したのだ。

 

参考文献 「野沢温泉のスキー」  野沢温泉村刊


〒389-2502 長野県下高井郡野沢温泉村8005 TEL 0269-85-2623 FAX 0269-85-3616
メールフォームからのお問い合わせはこちら
  • ふるさと納税 長坂ゴンドラ建設応援
  • ゲレロク GEREROKU
  • ナスキー LINEスタンプ
  • シーズンチケット
  • 野沢温泉スキー場 公式Facebook
  • 野沢温泉スキー場 公式twitter