TOP > 魅力 > 温泉

温泉

温泉のご紹介

野沢温泉の湯を発見したのは、聖武天皇の頃(724〜748年)にこの地を訪れた僧「行基」であるという説、 また修行中の山伏が見つけたという説、手負の熊の後をつけた猟師が見つけたという説があります。 いずれにしろ、かなり古くから野沢の地に温泉が湧いていることは知られていたようです。

現在、野沢温泉の温泉街には、「外湯」と呼ばれる天然温泉100%かけ流しの共同浴場が13ヵ所点在しており、 江戸時代から湯仲間という制度によって守られてきた村民の共有財産です。
ゲレンデで楽しんだ後はこれらを回る「外湯めぐり」が人気で多くのスキー、スノーボードファンにご利用いただいています。

野沢温泉のシンボルともいえる大湯は、温泉街の中心にあり江戸時代の趣き現代に伝える美しい湯屋建築が目を引く外湯を代表する共有浴場です。
泉質は単純硫黄泉で胃腸病・リウマチ・婦人病・中風に効果的でとてもあたたまる湯で、飲用にも良いと言われています。
河原湯
(かわはらゆ)
皮膚病に効き、温度は高く朝湯に良い夏場に人気です。
麻釜の湯
(あさがまのゆ)
泉質は含芒硝-石膏・硫黄泉で効能は、泉の麻釜とほぼ同じ。
秋葉の湯
(あきはのゆ)
痔核、糖尿病・リュウマチ・中風・神経痛。
上寺湯
(かみてらゆ)
切傷、火傷、おできあと、他にも痔核、糖尿病など。
熊の手洗湯
(くまのてあらゆ)
火傷・切傷に効果的。
 
松葉の湯
(まつばのゆ)
泉質は含石膏・食塩・硫黄泉で効能は麻釜と同じ。
中尾の湯
(なかおのゆ)
皮膚病・リュウマチ・婦人病・鉛・水銀中毒。
新田の湯
(しんでんのゆ)
源泉の麻釜と同じく痔核、糖尿病、リュウマチなどに効果的。
真湯
(しんゆ)
痔疾など、あたためるとよい病によく効くと言われています。
滝の湯
(たきのゆ)
重病後の回復期などに効果的。
 
横落の湯
(よこちのゆ)
皮膚病によく効くと言われ、多くの人々に親しまれています。
十王堂の湯
(じゅうおうどうのゆ)
効能はほぼ大湯と同じ。泉質は含石膏・食塩・硫黄泉です。

知っておきたい外湯のご案内、入浴時のマナー

温泉入浴時のご案内
利用時間 4月〜11月 5:00〜23:00、12月〜3月 6:00〜23:00
利用料金 無料でご利用いただけます。
各外湯にある賽銭箱にお気持ちを
※各外湯に駐車場はございません。
※源泉は弱アルカリ性の天然温泉です、30余の源泉(40℃〜90℃)から引湯しています。
※外湯は古くから地域住民の生活の共同の場所として毎日利用されている共有財産です。
※全ての外湯は、その周辺の住民が「湯仲間」という制度をつくり、管理、維持をしています。
※電気料や水道料の負担、当番制で毎日の掃除をしています。
※防犯等のため、入浴時間が設定されております。

麻釜温泉公園 ふるさとの湯


2011年にオープンした麻釜温泉公園「ふるさとの湯」
趣のある伝統の湯屋建築で、中は熱湯(あつゆ)とぬる湯そして露天風呂を備えています。
温泉街をそぞろ歩きしながら、ぜひ一度お立ち寄りください。

■お問い合せ先
電話番号 麻釜温泉公園「ふるさとの湯」 Tel:0269-85-3700
営業時間 午前10時~午後8時(入館は午後7時30分まで)
休館日 毎週木曜日(祝祭日の場合は翌日休館)
入浴料 大人500円,こども300円(3歳~小学生以下)
施 設 内湯(あつ湯・ぬる湯)・露天風呂・シャワーブース9基
※駐車場はございませんのでご了承ください。

  • Wifiが使えるようになりました。
  • 野沢温泉スキー場Lineスタンプまもなく公開