野沢温泉スキー場

NEWSお知らせ

NEWS

日本スキー博物館特別展(12/14~5/31)のお知らせ

UPDATE:2019.11.27

野沢温泉スキー場内にある「日本スキー博物館」では、2019年12月14日(土)~2020年5月31日(日)まで特別展【野沢温泉スキー場 リフト建設のあゆみ】を開催します。

野沢温泉スキー場では昭和25年(1950年)12月、第1リフトを建設しました。
以来70年、延べ80基に及ぶスキーリフトを建設し、日本でも有数なスキー場となりました。
その野沢温泉スキー場リフト建設のあゆみを展示紹介します。

日本には現在500箇所以上のスキー場があるといわれており、リフトはスキー場にはなくてはならないものとなっています。
国内初のスキーリフトは、昭和21年(1946年)、米駐留軍向けに北海道藻岩山、志賀高原丸池に建設されました。
しかし、これらのリフトは進駐軍専用のゲレンデにかけられたもので、一般の人は利用できませんでした。
民間用のスキーリフトは、昭和23年(1948年)草津温泉天狗山ゲレンデに、昭和25年(1950年)に赤倉中央スキー場、池の平スキー場、野沢温泉スキー場にそれぞれ建設されました。
その後全国のスキー場に数多くのロープウェイ、ゴンドラ、リフトが建設されました。
野沢温泉スキー場では、ピーク時30基を超えるリフト、ゴンドラが架設されました。
そして2021シーズン新型のゴンドラリフトが誕生します。
本展では、野沢温泉スキー場の昭和25年(1950年)12月、第1リフト建設以来70年、延べ80基に及ぶスキーリフト建設を振り返ります。

場所:野沢温泉スキー場内 スキー日本博物館
期間:2019年12月14日(土)~2020年5月31日(日)
料金:大人 300円 / 子ども 150円
時間:9:00~16:00
お問合せ:0269-85-3418

その他詳細は【こちら】をクリック☆
スキー博 特別展1.jpg


スキー博 特別展2.jpg

NEWS一覧に戻る

  • ふるさと納税 長坂ゴンドラ建設応援
  • ゲレロク GEREROKU
  • ナスキー LINEスタンプ
  • シーズンチケット
  • 野沢温泉スキー場 公式Facebook
  • 野沢温泉スキー場 公式twitter